人気エリアであれば確実な収益が見込めます

費用を抑える

建設作業風景

注文住宅の魅力は、何といっても施主の好みに添った家を一から建てられることでしょう。しかし、拘るあまりに契約後いろいろ付け足していくとどんどん追加費用が発生してしまいます。なので、間取りや外装材、内装材、設備などを可能な限り決めておいてから契約するのが追加費用を抑えるコツです。注文住宅は実績のある工務店で建てるのが最も低コストだと思われますが、保証などの安心面から大手ハウスメーカーで建てたいと思う方も多いでしょう。どちらにしても注文住宅は、契約後の追加はすべて追加費用が発生する覚悟で、建てたい家のビジョンを契約前にできるだけ明確にしておきましょう。できれば注文住宅の依頼先を選ぶ前に希望の構造材や断熱法、外壁や内装、設備などを具体的にしておき、それらを標準で採用している工務店やメーカーを探すのが効率が良いでしょう。

注文住宅は基本的には施主の好みに合わせて作ることができますが、標準仕様が決まっているメーカーの場合は、仕様外のものを選んだときに割高な費用が発生するリスクがあります。とりあえずすべて標準仕様でリーズナブル、というだけで選んでしまうとあとで勉強したときに実はそれほどいい設備ではなかった、と後悔する羽目にもなり得るということです。ですので、まず構造材から断熱材、サッシの仕様や外壁材、内装材や住宅設備について勉強してから注文住宅を作る計画を具体的に進め始めるのが実は一番の近道であり、お得に注文住宅を建てる最適の方法なのです。値切ることは必ずしも得策ではありません。その分どこかで費用を削られる心配もあるからです。希望の住宅にするために最初に明確なビジョンを立てておき、それに添ったメーカーを探し、契約前あらかた決めておくのが最もお得に注文を建てる方法です。